せっかく買ったデジタル一眼レフ。ちゃんと使わなきゃもったいない。

マオイの丘と風花カノン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

三者三様。

DSC06680.jpg

「三毛猫」とかよく言いますが
レラのような柄のことを「黒白ハチワレ」というそうです。

DSC06676.jpg

ハチワレ。とってもきれいに左右対称にわれてるね。


それで言うと、カノン先輩もハチワレ。

PB072224.jpg
(犬的には「ブラックタン&ホワイト」というらしい。どの辺がブラックタン??)


ノンノは…?

DSC00087.jpg


…落ち武者?

DSC06703.jpg

…落ち武者!!!!(笑)(笑)(笑)
(ちなみに「オレンジ&ホワイト」という毛色です。)



それはさておき
レラ嬢、すでにカノン先輩に一目置いているようで
最近かなり遠慮しています。

でも、近所の砲弾演習の音にビビリ始めた先輩が
そそってしまったようで、ちょっかいを出してみます。


でも、無反応でつまらなかったので

DSC06686.jpg

紐で遊ぶことにしました。

DSC06699.jpg
                                          「カノン先輩 おっかないです。」

DSC06704.jpg

レラの後ろ足には、黒豆をふた粒踏み潰した跡がありますwかわゆいー。


さあ、雪が降る季節になってきましたね。

DSC06869.jpg
猫らしく、窓辺から外を眺めるのが最近お気に入りみたいです。
しかも、この窓の下にはパネルヒーターがあり、ちょうど暖気が上がってくるところなので
とても暖かいのです。

レラは、推定1歳くらいというものの
正確には何歳かわかりません。

雪は、もう経験済み?
だとしたら、きっとこんな雪の降る日に
小さな小さなレラはお母さんと一緒に過ごしたのでしょうね。

DSC06846.jpg

そんな事を思い出しているのかな?
お母さんや兄弟たちは、こんな寒い中どうやって過ごしているのか
レラも心配しているのかな…

それとも、雪は初めて??

DSC06838.jpg
                               「あっ! 鳥っ!」

…うん、きっと鳥に夢中だね(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011年11月30日 20:32 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

元気にあそんでいます。



 ノンノとレラはよく遊びます(´∀`)

レラはバランスをとりにくいのか、いつもひっくり返って攻撃します。
でも絶対爪を出しません。
ノンノももちろん本気でかじったりしません。
見ていると、どっちも犬にしては迫力無いし、猫にしても動きがスローで平和なじゃれあいですが(笑)

DSC06653.jpg
                                     「ヤー」                       「アター」
  1. 2011年11月26日 10:03 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

きりりっ。



窓の外に…
バードテーブルがありまして
冬が近づくと、徐々に野鳥がやってきます。
そこに来る野鳥を…狙っている…レラです…

今年はカケスが多くて、コガラやヤマガラなどの小さな野鳥はまだ姿を見せていません。

カケスは風貌から言っても、明らかにレラの獲物ではなく「レラが獲物」だと思うので
狙うのはやめたほうがいいと思います(笑)

レラの隣には…

DSC06621.jpg
どどーん と ノンノが居ますので、ノンノが動けばカケスも逃げますから(笑)
(レラも内心「邪魔しないでおくんなまし!」とでも思っていることでしょう。。。)

DSC06630.jpg
でも仲良し。

ちなみに、我が家の3匹はみんなおそろいの首輪なんです(^-^)

DSC06564.jpg
レラが元気になって本当に本当に嬉しそうなハセガワ。
こうやって踊らせて遊ぶのが好きなようです。。。
(レラもやらせっぱなし。)


オマケ。
DSC06454.jpg
遊んでいたねこじゃらしが、うっかりソファと棚の間に落ちてしまった時の写真です。。。
「あーーーーーッ!!」って言ってるレラと
後ろで心配そうに見てるノンノの姿が…(* ´艸`)
  1. 2011年11月23日 23:53 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レラ、元気に帰宅。



ご報告です。
前回の日記で、絶望していた我が家ですが
本当に本当に嬉しいことに、レラはびっくりするくらい元通りの元気な姿で
我が家に帰ってきました!

一緒にお祈りしてくださった皆様
コメントをくださった皆様
本当に本当にありがとうございました。


病院に連れて行ったときは、ほぼ危篤状態と言っていいほど意識も薄く
声をかけたら薄目を開ける程度で、起こしても倒れて、その場で失禁しておしっこまみれで…
診てもらった病院でも、ドクターから「この処置が効かずこのままだったら危険な状態」とまで言われ
覚悟をしていた3日間でした。
何かあったら昼夜を問わず連絡をくださるとの事で
ケータイを肌身離さず持ち、夜中はいつ電話がなるかと思うとほとんど眠れず
食事もノドを通りづらいような、辛い辛い3日間。

一応、電話で病院には一日一度連絡を入れ、状況確認はしていたのですが
元気なその姿を見るまでは信じられないくらい、病院に行った日の状態は最悪だったので…

ドクターやセラピストのご尽力にも、本当に感謝いたします。

いまだはっきりとした原因は追究できておりません。
というのも、おそらく原因は脳にあるとは仮定できるものの
CTやMRIを撮影できるような状態でないため、断定できないのです。
脳炎を抑えるための抗生剤を投与したところ状態が安定したとの事で
一般的な脳炎の症状は出てはいないのですが、脳に何らかの原因で炎症が起き
今回のような症状が起こったのではないか、との見方です。

ひどい中耳炎を患っていたので、それが悪さをしている可能性が高いようです。


3日間入院し、帰ってきたレラは家のことをちゃんと思い出してくれるか心配でしたが
帰ってくるなり自分のサークルに入り、おしっことうんちをトイレできちんと出し
爪とぎでバリバリと爪をとぎ
何事も無かったかのように犬たちと走り回る姿を見たときは
本当に本当に嬉しかったです。
元気になったことももちろん、ここが自分のうちであるという認識もしているんだな…と、しみじみ。

仲良しのノンノとは、やっぱり仲良し。
DSC06508.jpg

DSC06506.jpg

DSC06515.jpg

レラがいない3日間、いろんなことを考えました。

もしレラに万が一の事があったら…

また、ねこは飼うだろうか?
保健所の仔に手を差し伸べようか…
うんん、絶対レラの代わりは存在する訳がない。
こんな仔には二度とめぐり合えない。
私たちは「ねこ」と一緒に居たくてレラを飼っているわけでなく、「レラ」と一緒に居たいだけなんだって…
にゃーにゃー抱っこをせがんだり、ごはんをねだったり、犬たちとも仲良くできるのはレラしかいない。

レラをお守りしている神様に、試されたのかもしれません。

私たちにレラをお戻しくださり、本当にありがとうございます。
これまで以上に、大切に育てていきます。

今回のことの原因がまだ確定していないため
今後も注意深く見守る必要はあります。
でもひとまず、一安心。
レラの調子が落ち着いたら、きちんと検査なり治療等を行い
レラが元気で長生きできますように。
  1. 2011年11月18日 23:19 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

応援してください。一緒にお祈りしてください。チカラを貸してください。

ブログに書き残すのも、なんだか気が引けるけど
どうしようもないんです。気持ちが落ち着かないのです。

風の子レラ、只今入院中です。

日曜日の夜まで、本当に元気だったんです。
いつもどおりニャーニャー人の周りに来て、抱っこをおねだりして
わんこたちとのおやつタイムも、しっかり集まってニャゴニャゴアピールして

なのに、明けて月曜日の朝、いつもよりおねだりのニャゴニャゴが少なくて
ごはんも食べなかった。
心配だったけど、かねてからこの日は夜に
オナカの虫と肺炎の受診の予定があったので
食べたくない時もあるのかな、ぐらいに思って仕事に行った。

夕方帰ってくると、明らかにレラはひどい状況でした。

朝から、サークルの中ではなく
犬たちと共同で使っているストーブのそばのベッドに居たんだけど
朝のままの位置。
しかも、トイレに行けなかったんでしょう。。。全身おしっこまみれになって、意識が混濁している様子でした。

あわてて病院に連れて行き
一通り検査。
血液は全く問題なく、健康なくらい。
熱はかなり高かったもよう。
四肢の麻痺は無い。
ドクターも頭をひねる。

エコー等で診てみても、首から下は全く問題なく
考えられるのは脳かな…とのことでした。

もともと、中耳炎由来かアタマの傾きがあり
ドクターもかねてからそれは気にしていたんだけど
何か脳に異常があるのか、ただCTを撮ればわかるものの
CTを撮るためには麻酔をかけなければならず、今の体力で麻酔をかけると
そのまま目覚めない可能性のほうが高いといわれ…


考えられる原因を追究すべく処置をしていただき
ドクターにも、この後できるのは様子を見るだけです。
病院で預かってもいいですが、かなり危険な状態なのでおうちで最期を…と言うならばおうちで様子を見ましょう…とまで言われ…

いや、さすがに目の前のレラの状況を見たら、尋常じゃない様子は明らかです。
本当にこの仔は命を落としてしまうかもしれないと。

でもどうなっても、精一杯のことはしていただきたいと思い
レラの生きる力と、ドクターを信じて
病院に入院させてきました。

とりあえず今のところ、劇的な改善はしていないそうですが
病院に連れて行った時の状態よりは意識もはっきりしており
ごはんを少し口にする元気はあるようです。

ですが、予断を許さない状況とのことで
しばらく入院することになりました。


正直、もう元気な姿でおうちに帰ってくることは無いんじゃないかと覚悟しております。
(病院に連れて行くとき、病院までもたないんじゃないかとまで思ったくらいなので。)

でも、風の子レラは
そんなのに負けない!!と信じたい気持ちももちろんあります。
現に今、一生懸命生きているのです。


どうかどうか
次にこのブログを書くときには
元気なレラの写真を載せられますように

この日記を読んでくださっている皆様
どうか
一緒に
お祈りしてください。
レラが元気になりますように。
  1. 2011年11月15日 18:07 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

昼の顔、夜の顔。


きらーん☆ 昼の顔。


DSC06383.jpg
きょとーん♪ 夜の顔。

別人みたいw

どっちもかわいい(´∀`)
  1. 2011年11月07日 22:36 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねこじゃらし。


                                んー

DSC06323.jpg
                        たー  たー  たー  たー  たー  たー  たー


来た時はじゃれる元気すらなかった。
今ではこんなに元気(´∀`)
  1. 2011年11月05日 19:48 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レラが来てからもうすぐひと月。



忘れもしない。
レラと初めて会ったのは先月。
10月4日、我が家の裏山の峠道で。

車道で丸くなっていて危ないので、藪に追いやっても
暖かいアスファルトを求めて、車道に出てきてしまう。
捕まえようと思っても、素早く逃げてしまう。

今思えば、あの時からすでに中耳炎だったのでしょう。
まっすぐ走れず、斜めに、時に転がりながら藪の中を逃げ回っていた。
逃げ回る体力を使わせるのが申し訳なくなるくらい痩せていて
それで私も追うのを諦めたのだ。


二度目に会ったのが10月7日。
峠道から少し頂上に上った、バスの転回所になっているひらけた丘の上。
藪の陰で小さくなって座っていた。

きっと私たち以外にも心配してくれた方がいたのでしょう。
レラの前には「ジャムぱん」がちぎっておいてありました。

私もたまたま持っていたパンがあって、あげたんだけど
口をつけようとするけど、食べない。
触ろうとすると、必死で威嚇はするけど
4日に会った時みたいに逃げない。

コレは今捕まえなければ、きっと後悔すると思った。

風の吹く丘からやってきた
風の子「レラ」。

そんな、何か夢のような出会いから
もうすぐひと月たつのです。
なんだかあっという間でした。

中耳炎や肺炎、オナカの虫は
現在も投薬中ですが
本当に元気になりました。

うちに来てすぐに測った時の体重は、1.4kg。
ごはんをもりもりニャーニャー食べて、今では2kgになりました。
写真で見ても、とっても立派になったでしょ?


わんこたちとも仲良しです。
DSC06089.jpg
カノンとノンノはあまりべったりくっついて寝ません。
それはカノン先輩が怖いので、ノンノが遠慮しているのです(笑)
でもレラはカノンの「がるる!」には一切びびりません。
言われても気にしないで、こうやって先輩のそばでのんびりしています。
そしたら先輩も諦めるらしい。

(でもこの写真の後、レラが何だかウズウズして先輩の鼻にじゃれてしまい、本気で怒られてソファから落ちました。。。)

ノンノとも仲良しです。
DSC06087.jpg
ノンノがちょっと「あずましくなさそう(北海道弁)」な顔してるけど…

DSC06112.jpg
ノンノとレラは追いかけっこして遊ぶのが好きみたい。
一見、レラが追い詰められてるように見えても
よくよく観察していると、物影からレラがノンノに突進してきたりしているので
どうやらお互い楽しいらしいです。

人間にもよく甘えるし
犬ともとっても仲良し。
ひと月前まで山の中で暮らしていたとは思えないほど
もう家族の一員です。

私たちが暮らすこの山の神様が
風の子レラを我々に授けてくださったのでしょう。

こんなに可愛い子を本当にありがとうございます。
大切に育てていきます。
  1. 2011年11月02日 22:07 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。