せっかく買ったデジタル一眼レフ。ちゃんと使わなきゃもったいない。

マオイの丘と風花カノン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

馬追山の迷い犬、ピリカちゃん。

ピリカちゃん1

4/28の夕方、仕事中に長谷川から
「トレーニングで山に入ったら、犬がいた…」
とLINEでメッセージが来ました。

私は迷わず「捕まえて!」とお願いしましたが
長谷川は自転車に乗ってきているうえに
紐なども無いし、逃げられるし…で
なんとか「話し合い」で解決しようと試みたそうです。

ピリカちゃん2
こんな近くまでは来てくれて、でも触らせなかったそうで。
この日はとても寒く、長谷川も防寒着等を持ち合わせていなかったので
意を決して自宅(自転車で5分程度)に戻り、着替えをして犬用ハーネス、おやつを持って再度徒歩で入山しました。

そこでは私と合流し、一緒になって探しましたが
ドコにも姿がありませんでした。
次の日は祝日だし、朝からもう一度探しに入ろうという事で引き上げましたが
結局次の日も見つけられませんでした。

その時、馬追山に設置されている登山台帳に
何も考えずに名前と町の住所区分、あと「白い犬を探してます」という一言だけ書いて置いてきたのが
運命の分かれ道でした。

5/1、この日は仕事の後に、町の保健センターにトレーニングに行く予定をしていて
仕事場からちょっと急いで帰ってくる道中に長谷川からLINEが入りました。
「役場から、白い犬の目撃情報が入ったので今から山に入ります」と。

それを見たのがちょうど登山道の手前だったので、私もすぐに車をつけ、トランクに載っていたゲイターなどを装着していると
長谷川も到着したので、二人で急いで山を登りました。

長谷川の心肺能力についていけるはずの無い私は、後からゆっくり追いかけていき
藪などもくまなく見ながら進みました。
すると、長谷川から発見の知らせ。

姿を見たとき、もうダメかと思ったそうです。
行き倒れたように横たわり、カラスが上空から狙っていたそうで
ピクリとも動かなかったそう。
持っていたビスケットを食べる元気だけあったのですが、立てず
ガリガリにやせ細ってるとはいえ10キロはあろうというわんこを抱っこして
長谷川は林道を走って戻ってきました。

ピリカちゃん3

この後、二人でゼエゼエ言いながら下山し、私のクルマにちょうど犬用シートをかけてあったのでそこにのせ
急いで近くの動物病院に向かいました。

ピリカちゃん4
ピクリとも動きません。
お腹がわずかに上下していて、ああ良かった生きてる、と確認するレベル。
後数分でも遅く着いたら、きっとこの子はダメだったのでしょう…

病院ではとりあえず栄養剤等の点滴を受けながら
見たことの無いくらいの数のマダニに食われていたので
看護師さんと一緒になりマダニを取り
そこで色々初めてわんこの状態を確認しました。
女の子で、目は白内障にかかり、歯は結構きれいなんだけど、犬歯の一部と上前歯が削れたような欠損がありました。
そして、爪は歩き回ったせいか随分短いのですが、ピンク色の神経?の部分が
私たちが見たことのある犬の手と違い、長めだということです。

首輪がついているので、飼い犬が脱走したものだと思っていたのですが
次の日知人からのアドバイスを聞いてハッとしました。
本気で捨てる人は、首輪をつけたまま、山等に係留したまま遺棄する、と。
確かに、彼女の首輪には金具の千切れた部分が残っていました。
そして削れた歯。
この子はもしかして…外飼いで爪きり等あまりしてもらえない環境で育てられ
(すると爪が伸びて中の神経も伸びてくる)
高齢になり、この山のどこかに捨てられたのではないかと…

もちろん、憶測です。
ですが削れた歯の状態を見ると、割と最近削れたような感じだったので
つないでいた鎖か何かを、一生懸命齧って逃れてきたのかと…

そんなひどい現実もあるらしいという事を知って、落ち込みそうになりましたが
まずはこの子に元気になってもらうのが先です。
とても家につれて帰れる状態ではなかったので、入院させて帰宅しました。

次の日(5/2)、仕事が終わってから病院を訪ねました。
本当はね、立ち上がって良くなってる姿を想像して行ったんだけど…
ピリカちゃん
ごはんは食べたり食べなかったりだそうです。
ですが、保護した当日は横たわって動けなかったのが
顔がまっすぐになってました!
ですが…結構な高齢で、放浪も相当長くしていたのでしょうか
しばらく預かっていただく事を覚悟させられる姿でした。

ピリカちゃん5
そしてこれが今日(5/3)の写真です。
まだ立てるどころの話じゃなく、辛い姿でしたが
こうやって日記を書きながら写真を時系列に並べてみると
明らかに生気の宿った顔になってきたんじゃないかな…と思える表情です。
何とか頑張って寝返りをうてるようになっていました。

誰が飼っていた犬なのか
迷子になったのか、遺棄されたのか
いくつなのか、何にもわかりません。
そんな子を拾って病院にまで連れて行って…と奇特がられますが
ただ助けたいんです。
だって、どんなに弱っていても老いていても、こんな山の中に迷い込む事が無ければ
もっともっと長生きできるはずの命なんです。
放っておく事なんて、できません。

元気になったら、元の飼い主さんを探す予定です。
ですが、状態から行くと、きっと現れない気がします。
そうなったら、もちろん我が家で最期まで、温かく見守りたいと思います。

まだまだどうなるかわからない状態です。
ですが、病院から戻ってきた暁には、この子には可愛い名前を用意しています。
うちの子達はアイヌ語から名前をもらっているので、【可愛い、きれい】という意味の「ピリカ」と名づけました。

どうか皆様、ピリカに頑張る力をください。
どんどん元気になるピリカの姿を皆様にお伝えできますように。

スポンサーサイト
  1. 2014年05月03日 21:44 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

見つかって良かったーe-259
凄い!長谷川さんANNIEさん!

ワンコ好き(猫も好きよ)の1人としてお2人にありがとうと伝えたいです。

駆けつけるまでの間も、きっとかのんちゃんが守っていてくれたのでしょうね。



  1. 2014/05/04(日) 00:16:52 |
  2. URL |
  3. きぬきぬ #-
  4. [ 編集 ]

今、私の実家の愛犬(雑種のゴルフ)は、私が帰っても尻尾も振らないしなかなか立ち上がれない状態ですが、頑張っています。
ピリカちゃん、ANNIEさんと長谷川さんに見つけられてよかった。きっとピリカちゃんにとって希望になったと思います。
ひどい人ばかりではないと、暖かい気持ちをもっと知ってほしい。
ピリカちゃん、頑張れ!
  1. 2014/05/04(日) 12:44:56 |
  2. URL |
  3. ぽー #-
  4. [ 編集 ]

*きぬきぬさん
ありがとうございます!
長谷川はどんなトレーニングや耐久レースよりもしんどい戦いだったと言っております(笑)

ピリカ…新しい日記を読んでいただけると嬉しいのですが
なんと立って歩けるようになったんです!
今自宅療養しています!
体調万全ではないからかもしれませんが
かなりマイペースなところがカノン先輩を彷彿とさせます(笑)


*ぽーさん
…ゴルフたーーん!!
結構なお年でしたもんね…

期待していなかったんですが、ピリカは何とか今日立ち上がる事が出来ました!
でも、耳も遠く目も相当悪いようで…
色々リアクションが薄いです…
カノンがあっさり逝ってしまったため、シニアわんこの扱いに慣れていない我々ですが
せめてピリカにとって心休める場所になるように、今後もつとめたいと思います。

ぽーさんもぽーさんのママもゴルフたんも、みんなみんな頑張ろう!!
どうぶつのいる生活は、本当に素晴らしいです(´∀`)
  1. 2014/05/04(日) 21:22:15 |
  2. URL |
  3. ANNIE #xtc7akX2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fineaging.blog102.fc2.com/tb.php/807-3b667bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。